ホーム > 医療関係のみなさま > 委員会活動 > ガイドライン統括委員会

ガイドライン統括委員会

はじめに

ガイドライン統括委員会 委員長 茶山 一彰

 ガイドラインの策定は学会主導で行われることが多くなっています。ガイドラインは患者、診療医の意思決定に大きな影響を持つため、その策定は公平、客観的になされなければなりません。さらに、そのことが透明性を持って公開されていることが求められるようになってきています。ガイドライン統括委員会は倫理委員会、利益相反委員会などと協力してガイドラインの策定に関する事項を統括します。さらに、ガイドラインの策定に当たり、他学会との関係を調整し、有用なガイドラインが策定されるように活動を行います。

ガイドライン統括委員

役員名 氏名 所属
委員長 茶山 一彰 広島大学大学院 消化器・代謝内科学
委員 竹原 徹郎 大阪大学大学院 消化器内科学
持田  智 埼玉医科大学 消化器内科・肝臓内科
榎本 信幸 山梨大学 第一内科
泉  並木 武蔵野赤十字病院
加藤 直也 千葉大学大学院 消化器内科学
鈴木 文孝 虎の門病院分院 肝臓内科
オブザーバー NASH 徳重 克年 東京女子医科大学 消化器内科
LC 吉治 仁志 奈良県立医科大学 内科学第三講座
HCC 長谷川 潔 東京大学附属病院 胆肝膵外科
HBV/HCV 田中  篤 帝京大学 内科学講座

活動内容

委員会活動