ホーム > 医療関係のみなさま > 委員会活動 > 研究助成委員会

研究助成委員会

はじめに

研究助成委員会 委員長 高山 忠利

 日本肝臓学会は、肝臓学に関する研究の進歩により、国民の健康と福祉に貢献することを目的としています。これを推進するため、若き気鋭の研究者たちが研究活動に参入することに強い期待を寄せており、その助成事業を展開しています。日本肝臓学会賞である「織田賞」をはじめ、日本肝臓学会研究奨励賞、機関誌 High Citation 賞、スポンサーの協賛に基づく冠Awardなどの研究奨励賞を設けております。また、若手研究者の研究助成のため、国際学会参加に伴う費用の一部助成、外国人研修生に対する外国人研修生研究助成費等で助成・支援を行っています。当委員会では、厳正な審査により受賞を決定しておりますので、積極的にご応募ください。

研究助成委員

役員名 氏名 所属
委員長 高山 忠利 日本大学 消化器外科
理事 鹿毛 政義 久留米大学 先端癌治療研究センター
MSD担当 榎本 信幸 山梨大学 第一内科
大塚担当 田中 榮司 信州大学 内科学第二(消化器内科)
ギリアド担当 茶山 一彰 広島大学大学院 消化器・代謝内科学
アッヴィ担当 西口 修平 兵庫医科大学 内科学・肝胆膵科
委員 加藤 直也 東京大学医科学研究所 消化器内科
森屋 恭爾 東京大学附属病院 感染制御部
森山 光彦 日本大学 消化器肝臓内科学分野
海道 利実 京都大学附属病院 肝胆膵・移植外科、臓器移植医療部
村上 卓道 近畿大学 放射線医学放射線診断学
加藤 孝宣 国立感染症研究所 ウイルス第二部

活動内容

 学術・研究の支援策を検討し、定款施行細則に定める日本肝臓学会賞(織田賞)、研究奨励賞、 機関誌High Citation賞、冠Awardなどの各賞、国際学会参加助成制度、外国人研修生助成制度などについて公募し、応募者の選考などについて審議しています。

委員会活動

 日本肝臓学会賞(織田賞)、研究奨励賞、機関誌High Citation賞、冠Awardなどの各賞、国際学会参加助成制度、外国人研修生助成制度については、事業報告に掲載しております。