ホーム > 医療関係のみなさま > 委員会活動 > 和文誌編集委員会

和文誌編集委員会

はじめに

和文誌編集委員会 委員長 鹿毛 政義

 雑誌「肝臓」の目的は、肝疾患に関する最新の研究、症例経験、治療の動向などを報告し、会員の知識を深め、技術の向上を図ることです。ただ、肝臓学会には、和文誌「肝臓」とともに、欧文誌「Hepatology Reseach」があります。「肝臓」の役割は、“「肝臓」は肝臓学を志す初学者の登竜門である”と位置付けています。和文誌は日本語で容易に読めるし投稿もできる。若い先生は、日本文の書き易さの利点を生かして、まずは、日本語で症例報告や原著論文を書いて「肝臓」にチャレンジして欲しいと思います。さらに「肝臓」からステップ・アップして、「Hepatology Research」や国際誌への投稿と発展が期待されます。また、関心の高い領域について各専門家による総説や特集を掲載し、併せて座談会も開催しています。小児科医や病理医のリレーエッセイなどの連載コーナーは好評ですし、肝臓学会の奨励賞を受賞された先生に受賞の喜びや抱負も掲載しています。“読み物”としての楽しさも伝えることができたらと考えています。

和文誌編集委員

役員名 氏名 所属
委員長 鹿毛 政義 久留米大学 先端癌治療研究センター
理事 竹井 謙之 三重大学 消化器内科学
橋本 悦子 東京女子医科大学 消化器内科
委員 飯島 尋子 兵庫医科大学 肝胆膵内科
島田 光生 徳島大学大学院 消化器・移植外科
高原 照美 富山大学 第三内科(肝臓病学)
田中 克明 横浜市立大学附属市民総合医療センター
鳥村 拓司 久留米大学 内科学講座消化器内科部門
脇田 隆字 国立感染症研究所 ウイルス第二部
オブザーバー 竹原 徹郎 大阪大学大学院 消化器内科学

活動内容

 和文機関誌に掲載する論文等の査読、採択、編集等和文誌出版に関連する業務を行っています。