ホーム > 医療関係のみなさま > 肝臓専門医制度 > 肝臓専門医制度について

肝臓専門医制度について

一般社団法人日本肝臓学会は,肝臓病学の進歩に則して、肝臓病を専攻する優れた医師を養成し、肝臓病の医療の向上を図り、もって国民の健康と福祉に貢献することを目的として,昭和63年に専門医制度を発足させました。平成24年現在、指導医635名,認定施設379施設,関連施設70施設を指定し,専門医制度の維持・発展を図っています。

肝臓専門医とは

一般社団法人日本肝臓学会肝臓専門医は,当学会が指定する指導医のもとで当学会が定めたカリキュラムに基づいて研修を行うなどの受験資格を得て,毎年1回行われる肝臓専門医認定試験に合格した医師を指します。
平成24年4月現在、肝臓専門医は5,188名に達しています。

「肝臓専門医」の広告認可について

本学会専門医の広告について、平成15年11月19日付で厚生労働省から広告が出来る認可がおりました。従いまして、現在本学会専門医を取得されている方は、専門医の広告ができます。 広告をされる場合には、必ず下記の表示により行ってください。

一般社団法人日本肝臓学会認定肝臓専門医
英語標記:
Board Certified Hepatologist of the Japan Society of Hepatology