ホーム > 医療関係のみなさま > お知らせ > 学会からのお知らせ > 【公募期間延長】School of Hepatology 2021の責任者公募について

お知らせ

2021/01/18学会からのお知らせ

【公募期間延長】School of Hepatology 2021の責任者公募について

一般社団法人 日本肝臓学会
企画広報委員会
委員長  持田 智
  

  School of Hepatology 2021の責任者公募について、応募者がありませんでしたので、
  公募期間を1月29日(金)まで延長いたします。

  奮ってご応募の程よろしくお願い致します。

 

 ギリアド・サイエンシズ株式会社から2021年から3年間にわたって医学教育に関する助成金を得ることとなり、若手会員を対象とした「School of Hepatology」を開催いたします。つきましては評議員の会員を対象に2021年に開催する「School of Hepatology」の責任者を公募します。

  応募される会員は、別紙の『School of Hepatology 2021計画案』にご記入のうえご応募下さい。



 1. テーマ:今年度はテーマを設けて、2回開催します。
   1回は、指定テーマ「肝と免疫」、
   1回は、「通常の学会では十分学習の機会がない項目」からテーマを決定して応募してください。
 2. 研修会の内容:(Web開催になった場合は、内容について変更の可能性があります)
   講演、分科会形式でのワークショップ(ディスカッションや発表)、ハンズオンセミナー、懇親会。
   一方向的な講義だけではなく、参加者とFacultyがInteractiveに意見交換し交流することを重視する。
 3. 開催時期と期間
   原則として、2021年5~10月末日の中で開催し11月19日(金)までに報告する。
 4. 開催費用
   当学会事務局から助成費を交付する。
 5. 選考方法
  企画広報委員会おいて、提出された『School of Hepatology 2021計画案』について審議し、責任候補者
  とするか否か決定する。
 6. 応募締切
  2021年1月8日(金) 2021年1月29日(金)
 7. 提出先
     一般社団法人 日本肝臓学会 事務局
   住所:〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目28番10号 柏屋2ビル5階
   TEL:03-3812-1567 FAX:03-3812-6620