一般社団法人日本肝臓学会日本肝臓学会HOME

B型肝炎 初めてのB型肝炎ワクチン

B型肝炎、どのような病気?

どんな病気なの?

B型肝炎ウイルスは、全世界で、約3億5,000万人が感染していると言われ、そのうち日本では、約130〜150万人(およそ100人に1人)が感染していると推定されています。

B型肝炎ウイルス(HBV)は肝臓に感染して炎症(肝炎)を起こします。肝炎が持続すると慢性肝炎から肝硬変、さらには肝がん(肝細胞癌)へと進展する可能性があります。

感染イメージ

なぜ肝炎になるの?

HBVへの感染は、HBVの含まれる血液や体液が我々の体内に入ることにより起こります。従って輸血により感染が起こることがありますが、日本国内で輸血される血液はすべてHBVの検査が行われており、輸血による感染は年間10例程度にしか起こりません。

子供へのHBVの感染は、HBVに感染した母親から産まれる際に起こる、母子感染が一般的ですが、出生後でもHBVを含んだ血液や体液が傷などから体内に入って感染が成立することがあります。過去には、保育園の園児、先生内で集団感染が起きたこともあり、最近では父親など、家族内からの感染も、たびたび報告されています。

一方、大人へのHBVの感染は、HBVに感染したパートナーとの性交渉の際に起きることが一般的です。しかも、自分自身の感染を知らず、気づかないうちに感染を拡大しているケースも見られます。

現在、年間約10,000人の新規感染者がいると言われています。