一般社団法人日本肝臓学会日本肝臓学会HOME

B型肝炎 初めてのB型肝炎ワクチン

B型肝炎ワクチンの接種を受けた方がいい人は?

どういう人が受けるの?

ワクチン接種を受けた方が良い人は、以下のような人です。

  1. (1)HBVに感染した母親から産まれるお子さん
  2. (2)血液や体液に接する可能性の高い職種の人

“HBVに感染した母親から産まれるお子さん”に対しては、HBワクチンの接種がHBIG(免疫グロブリン製剤)と共に行われます。これらの接種に要する費用は健康保険でカバーされます。HBワクチン3回の接種、HBIG1−2回の接種を行うのが一般的です。
詳しいことはこちらをごらんください。

“血液や体液に接する可能性の高い職種の人”としては医療に従事する人があげられます。
医療従事者へのHBワクチンはそれぞれの施設で行われることが一般的です。このほか、消防士、警察官なども接種を受けることが望まれます。

(1)、(2)以外でも同居している家族にB型肝炎の方がいる場合施設に入っている方、血液透析を受けている方などはB型肝炎ワクチンの接種を受けることが望まれます。ただしこの場合の費用は健康保険ではカバーされません。