ホーム > 市民のみなさま > 肝臓の病気

肝臓の病気

  • B型肝炎
    • B型肝炎ワクチン定期接種化のお知らせ(2016年10月)

      10月1日からHBワクチンの定期接種が開始されました。2016年4月1日以後に出生した0歳児が接種の対象です。これ以外の方に関しては任意接種とはなりますが接種を受けることが可能です。

      接種スケジュールについては、厚生労働省のウエブサイト(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000113332.pdf)をご参照下さい。

      標準的な接種時期は生後2ヶ月、生後3ヶ月、生後7~8カ月の3回となりますので、従来実施されていますB型肝炎ウイルスに感染している母親から生まれた0歳児への接種時期(出生直後、生後1ヶ月、生後6ヶ月)とは異なります。
      接種時期については留意が必要です。気をつけてください。