ホーム > 医療関係のみなさま > お知らせ > 周知・協力依頼 > ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する固形癌)の作成及び最適使用推進ガイドライン(非小細胞肺癌,悪性黒色腫)の一部改定について(周知依頼)

お知らせ

2018/12/27周知・協力依頼

ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する固形癌)の作成及び最適使用推進ガイドライン(非小細胞肺癌,悪性黒色腫)の一部改定について(周知依頼)

厚生労働省医政局地域医療計画課および日本医学会より、「ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する固形癌)の作成及び最適使用推進ガイドライン(非小細胞肺癌,悪性黒色腫)の一部改定について」の周知依頼がありましたのでお知らせ致します。


 詳細は添付ファイルをご覧下さい。


 関連URLは下記の通りです.

https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T181225I0050.pdf

 

ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する固形癌)の作成及び最適使用推進ガイドライン(非小細胞肺癌,悪性黒色腫)の一部改正について(周知依頼)

301221_課_薬生薬審発1221第5号_ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)製剤の最適使用推進ガイドライン(高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)を有する固形癌)の作成及び最適使用推進ガイドライン(非小細胞肺癌、悪性黒色腫)の一部改正について

日本医学会長宛依頼状(厚生労働省)