一般社団法人 日本肝臓学会

学術集会審議委員会

はじめに

学術集会審議委員会 委員長 竹原 徹郎

日本肝臓学会定款第4条第1号では、「学術集会の開催、学術誌・学術図書の発行、研究の奨励、研究業績の表彰等による肝臓学に関する研究及び調査等の推進」を規定しています。

学術集会審議委員会は、学会活動の主要かつ重要な事業である学術集会に関する基本的な事項について審議する委員会です。

会員の皆さまが、興味をもたれて参加したいという学術集会を目指してさらに検討していきます。会員の皆さまのご要望は、当委員会にお寄せ下さい。

学術集会審議委員

役員名 氏名 所属
委員長 竹原 徹郎 大阪大学大学院医学系研究科 消化器内科学
委員 持田  智 埼玉医科大学 消化器内科・肝臓内科
榎本 信幸 山梨大学医学部 第一内科
考藤 達哉 国立国際医療研究センター 肝炎・免疫研究センター
小池 和彦 公⽴学校共済組合関東中央病院
坂本 直哉 北海道大学大学院医学研究院 消化器内科学教室
伊藤 義人 京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学
調   憲 群馬大学大学院医学系研究科 総合外科学講座 肝胆膵外科学
鳥村 拓司 久留米大学医学部 内科学講座消化器内科部門
脇田 隆字 国立感染症研究所

活動内容

日本肝臓学会の総会、大会、International Liver Conference、付置研究会、他の学術団体との共同開催など本学会における学術集会の在り方について審議し、各学術集会の会長候補者を選考することを目的としています。

また、国際委員会とも連携して海外の学術団体との連携についても検討しています。

委員会活動

2013年度には、日本糖尿病学会との合同研究会について審議し、「肝臓と糖尿病・代謝研究会」発足させました。この研究会は、当学会と糖尿病学会が交互に持ち回りで開催する形態となっています。2022年度は当学会が担当して開催します。

なお、今後の学術集会の会長は、次の方々に決定しております。

○ 2021年 第57回総会 会長 坂本 直哉(北海道大学)
○ 2021年 第2回International Liver Conference 会長 鳥村 拓司(久留米大学)
○ 2021年 第25回大会 会長 飯島 尋子(兵庫医科大学)
○ 2021年 第44回西部会 会長 日野 啓輔(川崎医科大学)
○ 2022年 第58回総会 会長 考藤 達哉(国立国際医療研究センター)
○ 2022年 第8回肝臓と糖尿病・代謝研究会 会長 吉治 仁志(奈良県立医科大学)
○ 2022年 第26回大会 会長 坂元 亨宇(慶應義塾大学)
○ 2022年 第44回東部会 会長 上野 義之(山形大学)
○ 2023年 第59回総会 会長 吉治 仁志(奈良県立医科大学)