ホーム > 医療関係のみなさま > 委員会活動 > 企画広報委員会

企画広報委員会

はじめに

企画広報委員会 委員長 持田 智

 日本肝臓学会は国民病である肝癌の撲滅に向けて、行政、産業界とも連携して、活動を展開してきました。その際、重要な情報を学会員で共有し、学会外へも発信する目的で、企画広報委員会は1996年度に立ち上げられました。初代委員長は沖田極先生で、小俣政男先生、岡上武先生、坪内博仁先生と引き継がれた事業を、2014年度から私が委員長として担当しています。ホームページ、メールニュースを管理するとともに、学会が外部組織と交渉する際の窓口となり、学会が刊行する各種出版物の編集、改訂を行っています。ガイドラインに関しては、今年度からガイドライン統括委員会が管理することになり、同委員会と連携して、学会内外へ情報を発信しています。事業内容が多岐に亘るため、委員のみならず、学会員の皆様にも様々な作業をご依頼することがあります。宜しくご協力お願い申し上げます。また、活動内容に関して、ご助言いただければ幸いです。

企画広報委員

役員名 氏名 所属
委員長 持田  智 埼玉医科大学 消化器内科・肝臓内科
委員 工藤 正俊 近畿大学 消化器内科学
坂本 直哉 北海道大学大学院 消化器内科学
今村 道雄 広島大学病院 消化器・代謝内科
上野 義之 山形大学 内科学第二(消化器内科学)講座
川村 祐介 虎の門病院 肝臓センター
是永 匡紹 国立国際医療研究センター 肝炎・免疫研究センター肝炎情報センター
坂本  穣 山梨大学附属病院 肝疾患センター・第一内科
田中  篤 帝京大学 内科学講座
寺井 崇二 新潟大学大学院 消化器内科学分野
中川 美奈 東京医科歯科大学附属病院 消化器内科
長谷川 潔 東京大学附属病院 肝胆膵外科
平松 直樹 大阪労災病院 消化器内科

活動内容

 各種刊行物(白書、マニュアル、医師ないし患者用パンフレット)の発刊、改訂、ホームページ・メールニュースの管理、学会内外への情報の発信などの活動を介して、肝臓病に関する情報共有と啓発活動を行っています。

 また、日本医学会の医学用語委員、代委員を務めています。

委員会活動

  1. 学術集会(総会、大会、東部会、西部会、ILC、肝臓と糖尿病・代謝研究会)の会長インタビュー(機関誌『肝臓』に掲載)
  2. ホームページ作成・更新、メールニュースの管理
  3. 各種刊行物の作成、改訂
    • ◆ 2015年  7月  肝がん白書2015
    • ◆ 2015年  7月  肝癌診療マニュアル第3版
    • ◆ 2015年  9月  NASH・NAFLDの診療ガイド2015
    • ◆ 2015年10月  患者用パンフレット(総論、HBV、HCV、その他肝疾患、肝癌)
    • ◆ 2016年  4月  慢性肝炎・肝硬変の診療ガイド2016
    • ◆ 2016年10月  肝臓専門医認定試験・解答と解説(第4集)
    • ◆ 2016年11月  肝臓専門医テキスト(改訂第2版)
    • ◆ 2017年10月  肝癌診療ガイドライン2017
    • ◆ 発刊予定    医療従事者用パンフレット
    • ◆ 改訂予定    重篤副作用疾患別対応マニュアル
  4. 日本医学会用語委員会  委員:持田 智  代委員:中川 美奈
  5. 肝炎医療コーディネータ研修会
  6. School of Hepatology
  7. 他学会、厚生労働省研究班等の情報提供

 

ホームページ、メールニュースおよび企画広報委員会の活動に関するご意見、ご要望、お問い合わせはこちらから(学会員のみとさせていただきます)