ホーム > 医療関係のみなさま > 委員会活動 > 国際委員会

国際委員会

はじめに

国際委員会 委員長 工藤 正俊

 世界的にみても日本を含むアジア諸国は肝疾患が極めて多い地域であり、特に肝癌については世界全体の肝癌死亡の80%がアジアからのものである。すなわちアジアに多いB型肝炎、C型肝炎および肝癌については日本が指導的役割を果たして行くことが強く求められている。その意味でアジアを含む各国との学術交流は極めて重要である。世界の中でも特にすぐれた日本の肝疾患の診療や研究内容を海外に向けて発信する、あるいは海外の優れた研究内容を取り入れる目的で国際交流を活発化させていくことは日本肝臓学会の重要な使命の一つである。また日本肝臓学会の会員の国際化ということも重要な課題の一つである。その観点から国内における国際学会(JSH International Liver Conference)ならびにアジア・欧米の学会との国際交流を積極的に推進して行くことが本委員会に求められている重要な役割である。それを実現して行くためには会員皆様のご協力が必要ですので何卒宜しくお願い申し上げます。

国際委員

役員名 氏名 所属
委員長 工藤 正俊 近畿大学 消化器内科学
委員 竹原 徹郎 大阪大学大学院 消化器内科学
榎本 信幸 山梨大学 第一内科
考藤 達哉 国立国際医療研究センター 肝炎・免疫研究センター
茶山 一彰 広島大学大学院 消化器・代謝内科学
朝比奈靖浩 東京医科歯科大学大学院 肝臓病態制御学(消化器内科)
川中 美和 川崎医科大学 総合医療センター内科
島田 光生 徳島大学大学院 消化器・移植外科
建石 良介 東京大学大学院 消化器内科
平岡  淳 愛媛県立中央病院 消化器病センター内科

活動内容

 日本肝臓学会が主催又は共催する国際会議の開催について審議することを目的としています。
 従来からのSingle Topic Conferenceは、JSH International Liver Conferenceと名称を改めましたが、その会長の選考などを行います。
 また、海外の学術団体との交流などについても審議しています。特に、現在は、継続的にEASL-JSH Joint Sessionを行っています。

委員会活動

 2014年度は、EASL、AASLD、KASL等との連携について審議しました。

  1. ○ EASLについては、 EASL-JSH Joint Sessionの開催を決定し、開催ルールなどを定めて文書も取り交わし、2014年度から実施しています。
    このSessionは、毎年のEASL、当学会総会の中で各1回、開催しています。
    また、これらのSessionのSpeakerは、EASL 2人、JSH 2人で構成し、Speaker 2人のうち1人は、45歳以下の若手の中からJunior speakerとして選考することとしています。
  2. ○ KASLについては、Joint Symposiumの開催について協議しております。