ホーム > 医療関係のみなさま > 委員会活動 > 生涯教育委員会

生涯教育委員会

はじめに

生涯教育委員会 委員長 考藤 達哉

 生涯教育委員会は、肝臓病学に関する生涯学習の機会を提供すると共にサポートを行う委員会です。主たる活動は、年3回の教育講演会の開催ですが、講演会が実り多きものになるように、講演テーマやテキストに関して、検討を重ねています。近年、肝臓病学の進歩に呼応して、C型肝炎に対するインターフェロンフリーの経口薬に代表されるような優れた治療法も次々と開発されております。したがって、学会員の皆様の知識・技能向上のためにも、教育講演会の担う役割は今後益々大きくなるものと考えています。生涯教育委員会の活動に対して、これまで以上にご協力とご理解を頂くようお願いする次第です。

生涯教育委員

役員名 氏名 所属
委員長 考藤 達哉 国立国際医療研究センター 肝炎・免疫研究センター
委員 飯島 尋子 兵庫医科大学 肝胆膵内科・超音波センター
吉治 仁志 奈良県立医科大学 内科学第三講座
芥田 憲夫 虎の門病院 肝臓内科
乾 あやの 済生会横浜市東部病院 小児肝臓消化器科
海道 利実 京都大学附属病院 肝胆膵・移植外科、臓器移植医療部
武冨 紹信 北海道大学大学院 消化器外科学
田中  篤 帝京大学 内科学講座
田中 純子 広島大学大学院 疫学・疾病制御学
田中 基彦 熊本大学大学院 消化器内科学
中本 安成 福井大学 内科学(2)分野
日浅 陽一 愛媛大学大学院 消化器・内分泌・代謝内科学

活動内容

 本学会会員に対して最新の医学・医療情報の伝達及び生涯教育に係る方策について審議しています。
 教育講演会の方針やプログラム、会長候補者の選考なども行っています。

委員会活動

 教育講演会は、肝臓専門医の受験及び更新にあたって、受講を義務化しています。
 平成20年度から、教育講演会は、総会及び部会の2回開催となり、さらに平成23年度からは、総会時の前期教育講演会、8月の単独開催教育講演会、12月の東・西部会時の後期教育講演会の年3回の開催となっています。
 現在、講義テキストには、講師1名ごとに2問程度のセルフチェック問題を掲載するなど、教育講演会の在り方についても検討しています。