ホーム > 医療関係のみなさま > 委員会活動 > 和文誌編集委員会

和文誌編集委員会

はじめに

和文誌編集委員会 委員長 坂元 亨宇

 

雑誌「肝臓」の目的は、肝疾患に関する最新の研究、症例経験、治療の動向などを報告し、会員の知識を深め、技術の向上を図ることです。本学会の欧文誌「Hepatology Research」と共に和文誌をどのように位置づけ、共存させていくかは、多くの学会でも課題となっていることと思います。また、オンライン化が進む中で、冊子体を継続することの意義についても議論のあるところです。「肝臓」は第一に、“肝臓学を志す初学者の登竜門である”との位置付けであることを改めて周知いただければと思います。若手の先生、研究時間の確保が難しい先生など、日本文の書き易さの利点を生かして、まずは、日本語で症例報告や原著論文を書いて「肝臓」にチャレンジして欲しいと思います。また、多くの会員にとって、日常診療の合間に冊子体を開いて、短時間で情報を入手したり、興味のある画像を眺めたりできるのも、重要な役目と考えています。今後も、会員皆様の関心の高い領域について各専門家による総説や特集を掲載し、座談会等も企画いたします。肝臓学会奨励賞を受賞された先生の喜びの声や抱負、その他新たな企画にも挑戦していきたいと思います。和文誌「肝臓」の読み物としての楽しさ、情報発信媒体としての便利さを増していければと考えています。

和文誌編集委員

役員名 氏名 所属
委員長 坂元 亨宇 慶應義塾大学 病理学
委員 飯島 尋子 兵庫医科大学 肝胆膵内科・超音波センター
田中 榮司 信州大学 内科学第二(消化器内科)
田中 靖人 名古屋市立大学大学院 病態医科学講座
島田 光生 徳島大学大学院 消化器・移植外科
鳥村 拓司 久留米大学 内科学講座消化器内科部門
原田 憲一 金沢大学 医薬保健研究域医学系人体病理学
脇田 隆字 国立感染症研究所
オブザーバー 榎本 信幸 山梨大学 第一内科

活動内容

 掲載論文等の査読、採択、編集、企画立案等の和文誌出版に関連する業務を行っています。